「そんな現場で,一緒に働きませんか。現場は禁煙じゃありません」


周りの住民にとっては迷惑な話です。


工事が続いてます。

条件付きの注文住宅です。


「なんだなんだ。この音は」
で始まった休日の朝。

家の中で?

窓を開けてみると

大音量のラジオの音。

堪らず注意しました。


ラジオをかけながら仕事をする大工。

注意しても,注意しても・・・

最初は小さく,徐々に大音量に。

その後も早朝から大音量の吉田拓郎。
ラップミュージック。

喫煙しながら歩く現場作業員たち。

私の目から見て,まさしく『やりたい放題』


住宅情報館を通じて注意して頂きました。

その後。

私目の家の脇で電話をする作業員「この音量で五月蠅いと言われるとね~困るんだけど」

と大声で,聞こえる様に。


住宅地の真っただ中で,山の中の一軒家ではないのです。

そして,現場内での喫煙や,歩行中喫煙は,当然考えられない事です。

現場には可燃物がたくさん散らばっています。

近隣の住人達は,火事を心配して噂し合ってます。

650㎜の制限ギリギリで,極めて隣接して建ててるので,火が出たら一気に燃え広がるでしょう。


住宅情報館の作業規定では,

喫煙は可で喫煙場所はどこでも可。

ラジオや音楽を聞きながらの作業は承認されてるそうです。

僕は思わず「ヘ~」



家にいて,一日中聞きたくもないラップミュージックやラジオが鳴り響く。

「タマラン」のです。

それでなくても去年から

騒音・振動・粉塵の三拍子そろった攻撃が続いています。

1月には,家の中にいることが出来ない状態が続いてました。

何の説明もなく,続く工事に。

町内会として,住宅情報館に問い合わせをしました。

回答は担当者が持ってきたのではなく,

回答書として町内会長の所へ郵送で送られてきただけでした。



住宅情報館の考え方は,間違ってるでしょうね。

会社の決めたルールが全てな訳ないでしょうし。


僕の脳のoutputは,明らかなNGと言ってる。


mixiチェック